文字の大きさ
診療科・部門

教育支援体制

教育目的

看護部の基本理念の基、患者に寄り添い、他職種と協働しながら看護の視点で判断し行き届いた看護が実践できる看護職員を育成する

教育目標

  1. 看護専門職として看護実践能力の向上を目指し、必要な知識、技術、態度などの能力を養う
  2. 医療チームの一員として、他職種と協働しながら看護活動ができる能力を養う
  3. 赤十字の看護職員としての自覚と役割遂行能力を養う
  4. 専門職業人として成長して行くための自己教育力を養う

赤十字キャリア開発ラダー

赤十字の理念に基づいた「赤十字の看護師の看護実践能力」の到達目標を段階別に明示し、臨床看護実践能力の向上とキャリア発達に応じた能力開発を継続的に支援し質の高い看護や医療を提供できる看護師の育成を図る

赤十字看護師の看護実践能力の到達目標

*個々のライフスタイルに合わせたキャリアアップ支援  ~一人ひとりの成長に合わせた教育プログラム~

 

院外研修への参加

日本看護協会や神奈川県看護協会が主催している研修への参加を支援しています
(研修内容の相談・勤務調整・公費出張扱い<選考>)

国際救護支援研修への参加

国際救護に興味関心のある看護師に対しては、日本赤十字国際救護支援員を目指す為の研修を支援しています
(英会話教室の無料受講・勤務調整など)

各種資格の取得・キャリアアップ支援

認定看護師・呼吸療法士・糖尿病療養指導士などの資格取得を支援しています
また、大学編入・大学院進学への奨学金制度(選考)を設けています

新人教育体制

 

新人看護師の教育支援体制として教育担当者と実地指導者によるサポート体制をとっています

技術研修

目的
  1. 各看護技術の動作や手技の意味を考え、科学的根拠に基づいた看護実践を提供する
目標
  1. 安全・安楽をふまえた看護実践を理解できる
  2. 各看護技術の一連の手技がマニュアル通りに実施できる

寝衣交換・食事介助・口腔ケア・経管栄養・吸引・酸素療法・移送・移動・与薬・皮下注射・筋肉注射・採血・血糖チェック・導尿・膀胱内留置カテーテル・浣腸・心電図モニタ・十二誘導

新人ローテーション研修の目的・目標

目的

  1. リアリティショックを軽減し、職場環境に適応できるようにする
  2. 新人看護職員が看護実践能力を養う
目標
  1. 新人看護職員の臨床現場への適応を円滑にする
  2. 看護実践に必要な基礎的知識・技術を理解する
  3. 病棟・各セクションの特徴や特殊性を知る

新人技術研修風景

 

 

ページトップへ