文字の大きさ
診療科・部門

消化器病センター

消化器病センターについて

消化器病センターは、消化器内科と消化器外科が、外来、入院、カンファレンスなどにおいて診療科の垣根を越えて、患者さんのニーズに応える消化器系疾患の医療提供を行うことを目的に2019年10月に開設されました。

内科・外科ともに消化器病治療の経験豊富なエキスパートが治療にあったていますが、「消化器病センター」の新設によりこれまで以上に、医師同士の連携を密にした患者さん本位の治療を実現する体制が整いました。
カンファレンスや症例検討等で情報共有を行い、適切な診療を迅速に提供することが可能に。また、窓口を一本化することで、近隣の医療機関からの紹介を受け入れやすい体制となりました。



 

 

 センターの特徴
1.診療科の振り分け

近隣の医療機関からご紹介いただいた患者さんの病気や種類に応じた振り分けが可能

2.常時相談ができる体制

毎週センターカンファレンスを行うとともに、消化器内科・外科がお互い相談できる体制を整える

3.適切な癌治療

消化管早期癌治療では、内視鏡治療、腹腔鏡手術、開腹手術など最も適切な治療方法についてセンターカンファレンスにて検討する

4.地域への発信

紹介いただいた症例報告、診療の取り組み、トピックスなどを市域の関係機関へ発信する

 センター長より

 このたび消化器内科と消化器外科が一つのチームを作って治療にあたる『消化器病センター』を開設いたしました。
診断から治療の流れの中で、最初から連携を取り合うことで最善の治療(手術等)予定を早めに設定することが可能となります。
 内科、外科という診療科の垣根を越えて、幅広い消化器系疾患の医療提供を実現するよう努めてまいります。

  (院長・消化器病センター長 田中 克明)

 近隣の医療機関の先生方へ

  日頃より医療連携については格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
令和元年10月より消化器病センターとして活動を開始しました。
 当日の緊急対応や入院が必要な患者紹介については、事前に地域医療連携室へご連絡をお願いいたします。ご紹介いただいた患者さんは可能な限り対応させていただく考えでおりますが、手術枠や緊急処置環境およびマンパワーが整わず、当センターで対応することができない場合があります。
 何卒お願い申し上げます。 

 消化器病センター関連ページ

タウンニュースに消化器病センターが紹介されました(2019/09/27)

ページトップへ