文字の大きさ
診療科・部門

循環器内科の概要・特長

虚血性心疾患に対するカテーテル治療を中心に、24時間オンコール体制で緊急対応を行っています。高齢社会に伴い心不全疾患も増加しており、急性期から慢性期にかけて継続した治療をしています。

医療機関の認定

日本循環器学会認定循環器専門医研修施設

主な疾患の診断と治療

虚血性心疾患、高血圧症、心不全、不整脈、肺血栓塞栓症、深部静脈血栓症、肺高血圧症、末梢動脈疾患など、循環器疾患全般を治療しております。
カテーテル治療など侵襲治療は急性冠症候群に対する緊急治療から、下肢閉塞性動脈硬化症に対する血管内治療、除脈性不整脈に対するFPS及びペースメーカー治療を施行しています。

診療実績(平成25年)

 主な診療・治療件数

虚血性心疾患



心臓カテーテル検査 281件
経皮的冠動脈形成術 92件
トレッドミル検査 124件
下肢閉塞性動脈硬化症 血管内治療 12件
不整脈   EPS 4件
ペースメーカー植え込み 14件
ホルター心電図 297件
肺血栓塞栓症 下大動脈フィルター留置 7件
深部静脈血栓症   22件
肺高血圧症   1件
急性 慢性心不全 心エコー 1733件
下肢エコー   172件
ページトップへ