文字の大きさ
診療科・部門

循環器内科の概要・特長

虚血性心疾患のカテーテル治療を中心に緊急カテーテルも含め対応しております。末梢動脈疾患に対してもカテーテル治療を積極的に行っています。
超高齢社会になり増加している心不全加療にも重きをおき、病診連携を有効に進めるようにしています。

医療機関の認定

日本循環器学会認定循環器専門医研修施設

主な疾患の診断と治療

虚血性心疾患、高血圧症、心不全、不整脈、肺血栓塞栓症、深部静脈血栓症、肺高血圧症、末梢動脈疾患など、循環器疾患全般を治療しております。
カテーテル治療など侵襲治療は急性冠症候群に対する緊急治療から、下肢閉塞性動脈硬化症に対する血管内治療、除脈性不整脈に対するEPS及びペースメーカー治療を施行しています。

診療実績(平成29年)

 主な診療・治療件数

冠動脈造影 267件
経皮的冠動脈形成術 84件
下肢動脈血管内手術 17件
EPS 2件
ペースメーカー植え込み 12件
心臓超音波検査 2090件
ホルター心電図 314件
トレッドミル検査 127件
 下肢静脈エコー 163件
 頸動脈エコー 270件
ページトップへ