文字の大きさ
診療科・部門

循環器内科の概要・特長

心筋梗塞、狭心症など虚血性心疾患、不整脈、心不全、弁膜症、静脈血栓塞栓症、抹消動脈疾患の診療をしています。外科治療については、当院非常勤の心臓血管外科医と協議の上、方針を決定しています。

医療機関の認定

日本循環器学会研修関連施設

主な疾患の診断と治療

●心臓カテーテル治療
急性心筋梗塞や不安定狭心症に対して常に緊急対応できる体制を構築しております。
●末梢血管カテーテル治療
糖尿病や人工透析患者さんの動脈硬化評価をABI、超音波、CTで行い早期診断に努め、必要時は下肢動脈、腎動脈に対してカテーテル治療を施行
しています。
●心不全
超高齢化社会に伴い急増している高齢者の心不全入院では、ADL保持やQOLを考慮した治療に努めています。

診療実績(平成30年)

 主な診療・治療件数

冠動脈造影検査 326件
経皮的冠動脈形成術 76件
下肢動脈血管内治療 12件
EPS 7件
ペースメーカー植え込み術 14件
心臓超音波検査 2090件
ホルター心電図 256件
トレッドミル検査 48件
 下肢静脈超音波検査 177件
 頸動脈超音波検査 270件
ABI 281件
冠動脈CT撮影 121件
ページトップへ