文字の大きさ
診療科・部門

神経内科

神経内科の概要・特長

神経内科領域の疾患は一通り対応できるようにしていますが、常勤1名体制のため、特殊検査 (神経・筋生検など)が必要な場合や、集中治療管理が必要な場合(特に若年者の神経感染症、 重篤な神経免疫性疾患など)は、大学病院などに紹介させていただいています。
 一昔前とは異なり、薬物治療を中心とした様々なアプローチで、治せる又はコントロール可能な神経疾患が増えていますが、依然として有効な治療法が無い進行性の神経変性疾患の方もおり、そのような患者さんには常に希望がもてるようなフォローをしていくことを心がけています。

医療機関の認定

日本神経学会教育関連施設

主な疾患の診断と治療、診療実績

  •  めまい、頭痛、しびれなどの診断及び治療
  •  脳血管障害(特に脳梗塞)
  •  神経変性疾患(パーキンソン病および類縁疾患、脊髄小脳変性症、他系統萎縮症他)
  •  神経感染症(髄膜炎、脳炎など)
  •  神経免疫性疾患(ギランバレー症候群、多発性硬化症、重症筋無力症など)

その他、てんかん、認知症など神経内科領域全般にわたり、ガイドラインを基本に個別の症状に応じた治療をしていきます。脳梗塞、認知症などの患者さんの通常のフォローは、できるだけ逆紹介をすすめていきたいと思います。神経内科疾患の患者さんの初回診察は時間がかかるため、診察は予約制とさせて いただいています。なお、「もの忘れ・認知症」については、まず、かかりつけ医にご相談ください。かかりつけ医からの紹介状(診療情報提供書)をお持ちの方のみ予約制で診察いたします。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。

ページトップへ