文字の大きさ
診療科・部門

脳神経外科

ごあいさつ

当院脳神経外科は、顕微鏡手術を基本とし、手術症例は脳疾患だけでなく、脊椎脊髄にまで及び、脳から脊髄に至るまで、神経系の外科的疾患の治療を行っています。また、症例によっては、脳動脈瘤に対するコイル塞栓術や頚部内頚動脈狭窄症に対するステント留置術など、血管内手術を取り入れて治療を行い、下垂体腫瘍に対しては、内視鏡を取り入れた経鼻的手術を行っています。
  脊椎脊髄の分野では、変性疾患を中心に診療を行っており、手術目的の紹介を多数受けています。手術治療、点滴治療、カテーテル検査などは原則入院して行いますが、片側顔面痙攣などに対しては、手術以外に、外来でのボツリヌス注射治療を行っています。なお、放射線治療や化学療法を含め集学的治療が必要な症例については、近隣の施設に紹介をしています。
 脳血管障害については、地域中核病院の脳神経外科として、急性期を中心に診療を行い、超急性期脳梗塞に対しては血栓溶解療法を行っています。回復期・維持期については、各医療機関との連携を密にして、回復期リハビリ施設や維持期医療施設へつながる、シームレスな地域連携医療の推進に努めています。

第一脳神経外科部長  波良 勝裕

脳神経外科の概要・特長

  • 地域中核病院の脳神経外科として急性期の脳血管障害は24時間体制で治療を行っています。
  • クモ膜下出血、脳腫瘍、脳内出血、脳梗塞などの「脳神経疾患」のみならず、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などの「脊髄脊椎疾患」、顔面けいれん、手根管症候群などの「末梢神経疾患」  の治療も積極的に行っています。
  • 「脳卒中地域連携パス」を活用し、急性期治療終了後は回復期病院、維持期医療機関と連携 して継続的な治療を行っています。

医療機関の認定

日本脳神経外科学会研修プログラム関連施設

主な疾患の診断と治療

脳神経疾患

クモ膜下出血、脳梗塞、脳内出血、脳腫瘍など

脊髄脊椎疾患

腰痛、肩こり、頸椎椎間板ヘルニア、腰椎椎間板ヘルニア、脊髄腫瘍など

末梢神経疾患

顔面痙攣、眼瞼痙攣、痙性斜頚に対するボツリヌス毒素による治療
難治性疼痛に対する脊髄電気刺激療法
難治性痙性に対するバクロフェン髄注療法など

診療実績

入院者数
脳血管障害 247名
脳腫瘍 21名
脊髄脊椎疾患 31名
頭部外傷 82名
その他 74名
入院総数 455名

平成25年1月~12月集計

手術件数
頭蓋内手術 83件
脊髄脊椎手術 15件
その他 2件
手術総数 100件

平成25年1月~12月集計

 

ページトップへ