文字の大きさ
診療科・部門

認定看護管理者

江尻 昌子
山本 恵利子

認定看護師

認定看護師とは、特定の分野において熟練した看護技術と知識を用いて水準の高い看護実践ができ、日本看護協会認定看護師認定審査に合格し、ものをいいます。
役割としては

  1. 個人、家族及び集団に対して、熟練した看護技術を用いて水準の高い看護を実践する(実践)
  2. 看護実践を通じて看護職に対し指導を行う(指導)
  3. 看護職に対しコンサルテーションを行う(相談)

の3つの役割を果たします。
日本看護協会では21分野が特定されており、当院は、現在7分野7名の認定看護師が活動しています。現場での実践・指導・相談、そして院内・外での研修を行っています。

感染管理認定看護師

佐々木明子

感染管理認定看護師

感染管理認定看護師は、病院を利用する患者さんやご家族、病院を訪れるすべての人々はもちろん、現場で働くすべての人々を感染から守る役割があります。 私は、「感染対策についてもっと知りたい、病院における全ての人を感染から守りたい」という思いから認定看護師になりました。院内ラウンドやカンファレンス、年2回以上の感染管理研修会を行い、誰もが適切な感染対策が実践できる病院を目指し、日々感染対策チームの一員として取り組んでいます。

     

救急看護認定看護師

桑原雅恵

救急看護認定看護師

管理的な立場でスタッフの育成に関わり、患者急変時の看護や災害教育に対して力を入れて行っています。救急も災害も看護師が一歩踏み出せるように、その後押しができればと考え、研修や訓練の企画運営に参画しています。 

    

皮膚・排泄ケア認定看護師

鈴木里佳

皮膚・排泄ケア認定看護師

皮膚・排泄ケアの専門性は、ストーマや瘻孔周囲の皮膚の保護や皮膚障害への対処によって開発された知識や技術が、排泄物による皮膚障害にとどまらず、褥創や慢性潰瘍の対処や予防に活用できたことから発展してきました。
皮膚・排泄ケア認定看護師の役割は、健康を害した皮膚や皮膚障害のリスクの高い脆弱な皮膚に対し、健康を取り戻すこと、また、身体の機能低下や社会生活を制限する排泄障害に対する苦痛を取り除くことです。そして、人間の尊厳を保ち、生きる意欲や人間らしさを取り戻すためのケアを専門的な知識・技術を用いて援助することを目的としています。「ストーマケア」「褥創ケア」「失禁ケア」を毎週水・木曜日を中心に活動しています。

   

緩和ケア認定看護師

室川真由美

緩和ケア認定看護師

緩和ケアは、がんの末期にある患者さんだけに関わるケアではありません。現在は「生命を脅かす疾患に直面する患者さん・ご家族に対し、疾患の早期から行うケア」へと変わってきています。私は病棟所属で緩和ケアチームのメンバーとしても横断的活動を行っております。苦痛の緩和はもちろん、患者さん、ご家族のQOL(生活の質)を大切にし、最期までその人らしく過ごせることを第一に考えケアに関わらせていただきます。

摂食・嚥下障害看護認定看護師

竹内悦子

がん化学療法看護認定看護師

口から食べられることは、人間にとって生命維持のためだけでなく、生活を豊かにするものです。しかし、加齢や疾患の影響により、食べられなくなることは珍しいことではなく、充分に栄養が摂取できないと、病気の回復遅延やさらなる合併症を招きかねません。
摂食・嚥下障害看護認定看護師は、むせやすい・飲み込みづらいといった方を対象に、嚥下評価をし、誤嚥をしにくい姿勢や飲み込みやすい食事形態の工夫、口腔機能改善のためのリハビリテーション等を考え、実践しています。また、口腔清掃不良による誤嚥性肺炎予防のため、口腔ケアラウンドをチームで行っています。患者さんやそのご家族が「最期まで口から食べたい、食べさせたい」という気持ちに寄り添い、安全な食事環境を提供していきたいと考えています。

 

坂本和

がん化学療法看護認定看護師

「普段食べられたものが食べられなくなる」のは、誰もが体験したくないことだと思います。認知症やさまざまな病気、加齢といった原因で食事が出来なくなった方々が少しでも美味しく、楽しく食事が出来ることは体だけでなく、心も豊かにします。
入院生活で唯一楽しみとなるのが食事と答える方が多いため、その想いに寄り添いながらたくさんの方々が安全に安心して食事が継続出来る方法を一緒に考えていきたいです。

 

 

がん化学療法看護認定看護師

矢巻記子

感染管理認定看護師

がん患者さんは年々増加傾向にあり、がん治療も10年前とは比較にならないほど進歩しています。最近では通院しながら抗がん剤治療を行うケースが多く、がんに伴う症状や薬の副作用を抱えながら自宅で療養していらっしゃる方が増えています。治療と折り合いをつけながら生活を続けていくことは、患者さんだけでなくご家族の負担も大きなものがあります。がん化学療法認定看護師として患者さんやご家族の治療に伴うつらさを聞き、出来る限り安楽に治療が続けられるように関わっていきます。

 

慢性心不全看護認定看護師

内田寿恵

満心不全看護認定看護師

人口の高齢化が加速する中で、心不全患者さんは増加傾向であり、今後の【心不全パンデミック】への対策が急務と言われています。心不全の患者さんは、増悪のため入退院を繰り返し、本人はもちろんご家族も不安をかかえて生活していくことになります。認定看護師として、患者さん家族の価値や信念、QOL【生活の質】を尊重した生活を提供できるように、医師や病院スタッフと共に、協力して係わっていきたいと考えています。

 

 

 

ページトップへ