文字の大きさ
ご来院の方へ

大腸内視鏡ドック

大腸内視鏡検査は、先端にカメラがついた細いチューブを肛門から挿入して大腸を観察する検査です。
従来の大腸がん検査には便潜血検査がありますが、 大腸内視鏡はより正確に大腸がんや大腸ポリープの診断が可能です。

大腸がんはがん部位別死亡率で、女性死亡率“第1位” 男性死亡率“第2位”(厚生労働省「2018年人口動態統計」より )です。
その発症率は、加齢とともに増加し、40歳を過ぎると急激な増加傾向となります。
しかし、大腸がんは早期発見、早期治療で治すことのできる可能性が高い病気です。

この機会にぜひ大腸内視鏡検査を受けてみませんか?

 

料金

30,000円(税込) ※腸管洗浄剤、検査食代含む

 

検査日程

事前説明日:毎週 火・金曜日 午後(土日・祝日を除く)

検査日:第1・3・5週 木曜日 午後(土日祝日を除く)

※事前説明日と検査日が異なるため、2回に分けてご来院いただきます。

検査項目

内視鏡検査 大腸内視鏡検査

 

注意事項

※80歳以上の方は、受けることができません。
※便秘で腹部膨満感のある方(腸閉塞の前駆症状)、便潜血検査が陽性の方は外来を受診してください。

※検査当日は、自家用車や自転車でのご来院はお控えください。(ご家族等お付き添いの方が運転される場合を除く)

ご質問やご相談等、お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ