文字の大きさ
地域医療連携

医療連携の流れ

皆さんは、病気になると「大きな病院で診てもらった方が安心」と思っていませんか?軽症の人から重症の人までたくさんの人が大きな病院に集中してしまうと『待ち時間が長い』『診療までに疲れてしまった』など、かえって不満な思いをすることがあります。地域の医療機関は、それぞれの特色と機能を生かして診療を行っています。

病気をしたときは、まずお近くの医療機関(病院・診療所・医院)や、かかりつけ医の診察を受けてください。

専門的な検査や治療が必要だと医師が判断した場合には、診療情報提供書(紹介状)を書いてくださいますので、それらの病状に対応できる医療機関で検査・治療を受けてください。

症状が安定したら、紹介元の医療機関(病院・診療所・医院)やかかりつけ医、または病状に応じた医療機関へご紹介(逆紹介)いたしますので治療は継続されます。

当院から、お近くの医療機関(病院・診療所・医院等)や、かかりつけ医へ転院された後、再び当院での検査・治療などが必要となった場合は、当院で検査・治療を行います。

ページトップへ