文字の大きさ
診療科・部門

部署紹介

外来

外来

  • 診療や治療を行う医師とともに専門的な支援を提供する各種の看護外来(糖尿病指導・フットケア外来・ストーマケア・リンパマッサージ指導)を行っています。
  • 健診センターでは人間ドックを受けられた方を対象に生活改善に向けた情報提供相談室を開始しました。
  • 救急外来では来院した患者さんに対して緊急度や重症度を判断する上で確実なトリアージを行い、適切な治療に繋げています。
  • 地域との連携を図り、継続した外来看護を目指しています。

透析室

透析室

  • ベッド数は21床です。
  • 透析支援システムを導入し、安全な看護の提供に努めています。
  • 医師・看護師・臨床工学技士・看護助手でチーム医療を提供しています。
  • 患者さんが安心して透析を受けることができるように「シャントマップの作成」「シャント肢保温と抜針事故防止への取り組み」「フットケア」などに取り組んでいます。

手術室

手術室

  • バイオクリーンルームをはじめ手術室は5部屋あります
  • 年間手術件数は2102件です。
  • 脳神経外科・整形外科・消化器外科・泌尿器科・産婦人科・シャント造設術・眼科手術
    を行っています。
  • 安心して患者さんが手術に望むことができるように、術前・術後訪問に力を入れています。
  • 麻酔科医師・手術室看護師・看護助手・臨床工学技士・医療事務ほか多職種の協力のもと、安全な手術が行えるように体制を整えています。

HCU

ICU

  • 外科・脳神経外科・泌尿器科・整形外科の術後の患者さんや呼吸器疾患・循環器疾患・人工呼吸器装着中など侵襲の大きい患者さんの全身管理をしています。全身状態の安定化を図って「患者さんの声」を大切に丁寧な看護ケアを提供しています。
  • 医師・看護師・理学療法士・臨床工学技士・栄養士と連携し、日々カンファレンスを開催し患者家族中心のチーム医療を提供しています。
  • 患者さんやご家族の不安や心配を取り除くように努めています。

3東病棟

3東病棟

  • 泌尿器科・眼科・小児科病棟です。
    患者さんのほとんどが2~10日ほどの入院期間であり入退院の多い病棟ですが、カンファレンスを充実させチーム一丸となり安全で安楽な治療と看護の提供に努めています。
    泌尿器科では、ストーマを造設した患者さんの術後ケアや退院支援を行い、また化学療法を受ける患者さんなど背景は様々ですが個別性に沿った看護を提供しています。
    眼科の患者さんは、視覚障害をもち日常生活の援助が必要となるとともに、手術に対しての不安を抱いている為、心身ともに安楽に入院生活が送れるように援助しています。
    病棟に鯉のぼりやクリスマスの飾りつけを行い、お子さんや親御さんに季節感を味わって頂いています。

4西病棟

4西病棟

  • 脳神経外科30床、内科10床、夜間の救急ベッド4床を持つ病棟です。
    脳梗塞、脳出血、硬膜下血腫など脳血管疾患の患者さんが多いので、患者さんの持っている機能を十分に発揮できるように支援しています。
    脳神経外科の急性期や救急外来からの緊急入院に対応できるように各疾患の看護の勉強を行っています。
    医師・看護師・看護助手・理学療法士・作業療法士・医療ソーシャルワーカー・栄養士と連携して、入院中は患者さんやご家族が安心して入院生活を送ることができるように関わっています。そして、退院後のQOL(生活の質)を考え看護の提供に努めています。

5東病棟

  • 整形外科病棟で、大腿・上肢・下肢の骨折や腰のヘルニアの患者さんが入院されます。
    手術を受けられた患者さんの早期離床・早期回復に向けて個々や全体でのリハビリに取り組んでいます。
    車椅子や松葉づえを使えるようになった患者さんには自立チェックリストを用いながら一人でも安全に動けるよう指導に力を入れています。
    医師・看護師・理学療法士・作業療法士・薬剤師・ケースワーカー・栄養士でカンファレンスを行い、医療チームとして安全で安心できる医療・看護を提供しています。
    明るいスタッフが多くいつも笑顔を大切にしている病棟です。

5西病棟

  • 外科病棟です。
    消化器系・乳房などの周手術期をはじめ、内視鏡検査や化学療法を行う患者さん、緩和ケアを必要とする患者さんの看護を中心に行っています。
    患者さん一人ひとりの訴えに耳を傾け向き合い、定期的に医師・多職種とのカンファレンスを行っています。
    患者さんが入院生活を安全・安楽に過ごせるような援助を心がけています。

6東病棟

  • 血液内科(白血病・悪性リンパ腫など)、糖尿病や腎臓内科の病棟です。
    病床数は46床で、クリーンルームが4床あります。
    移植室があり年間5件ほどの自家末梢血幹細胞移植を行っています。
    糖尿病の教育入院や透析、シャント手術目的の入院が多いので段階的に指導を行い、退院後の生活を考えた看護に努めています。

6西病棟

6西病棟

  • 内科全般と循環器内科の患者さんを多く受け入れています。
  • 入院時より退院生活を見据えた退院支援に力を入れています。
  • 循環器疾患や心臓カテーテル検査について、心電図の勉強会を開催し知識や技術の向上に努めています。
  • 高齢者が多い為、日々カンファレンスを充実させ褥創予防や転倒転落予防にチームで取り組んでいます。
ページトップへ