文字の大きさ
診療科・部門

糖尿病・内分泌内科

糖尿病・内分泌内科の概要・特徴

 当科では、主に糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症などの生活習慣病、甲状腺、副甲状腺、副腎、脳下垂体などの内分泌疾患の診療を行っています。
糖尿病では、長期にわたり良好な血糖コントロールを目指し、合併症を予防する必要があるため、他の診療科と連携して治療にあたっています。食事、療養指導、自己血糖測定、インスリン注射指導などは専門スタッフが行っており、糖尿病教育入院にも対応しています。

主な対象疾患と治療

 糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症(痛風)、甲状腺・副甲状腺・副腎・脳下垂体などの代謝・内分泌疾患

ページトップへ