文字の大きさ
病院案内

病院の特徴

プライバシーを保ち、広いスペースを確保した病室

秦野赤十字病院 病室

病室は4床室を標準とし、一床あたり8平方メートル以上の広いスペースを確保し、プライバシーを保てる構造で各部屋にトイレと洗面コーナーを設けています。また、廊下側のベッドにも小窓を付け、どのベッドからでも自然の光を浴びることができるように工夫しています。 プライバシー保護のため、病室入口に名札は掲示しておりません。面会にこられる方はナースステーションで病室をご確認ください。

自然を感じる、快適な院内環境

秦野赤十字病院 院内環境

病院全体をできるだけ自然採光、自然換気を取りいれられるような構造とし、快適に感じる環境を作りました。

自然と触れ合える庭園

秦野赤十字病院 庭園

3階、7階の屋上には、訪れた人が自然と触れ合える庭園を造りました。

地域とのつながり

秦野赤十字病院 エントランスホール

1階のエントランスホールは地域との交流の場として位置付け、ミニコンサートや市民ギャラリーなどをひらくことができます。

ヘリポート

秦野赤十字病院 ヘリポート

病院に隣接して離着陸場が設置されており、ドクターヘリなどの離着陸に使用されます。

絵のある病院

秦野赤十字病院 絵のある病院

院内の様々な場所に絵が飾られ、訪れた人たちの目を楽しませています。

ページトップへ